京の匠

2018年8月20日 更新

京都 宇治茶

京都、奈良、滋賀県、三重の4県で作られたお茶を京都府内の製茶場で加工した ものを「宇治茶」としている玉露、煎茶、ほうじ茶、柳茶、玄米茶他にも 細くはありますが宇治茶の歴史は約800年前に中国から日本に入ってきたのが初めで […]

京都、奈良、滋賀県、三重の4県で作られたお茶を京都府内の製茶場で加工した ものを「宇治茶」としている玉露、煎茶、ほうじ茶、柳茶、玄米茶他にも 細くはありますが宇治茶の歴史は約800年前に中国から日本に入ってきたのが初めです。

その後京都に日本最古の茶畑ができそれが栽培の始まり江戸時代の初期に「宇治茶」と 呼ばれるようになりその後「宇治茶」の製法が出来上がった。

ほうじ茶は自社で焙じてブレンドし独自の味にしていく年間等してお客様に美味しい と言ってもらえるよう京都市内の小売店のお茶屋さんは自社のブレンドをされている ところが多いです100g 1000円のお茶でも店によっては味が違います。

自分の口にあったお茶を京都市内で探すのが面白いです。

美味しいお茶の入れ方というのは煎茶であればお湯の温度を80℃にしていただくのがベストです。

後は茶葉の量と、工程を間違わないようにしていただくという事。

この記事をシェアする